想像してごらん。電話がない世界の話を。

1 min 65 views

電話の着信が100回を超える日もある。

数年前までそんな生活をしていたことが信じられない。

どうやって仕事してたんだろう。電話の応対を100件とかしていたら、全然仕事なんてできていないはず。

実際そうで、まったく積み重ねも仕組み作りもできていなかった。

それで45歳になってしまった。切ねえ。

ただ、電話の愚かさに気がついたのは良かった。

電話がこない生活、最高。

いきなりの着信でビクッとすることがなくなる。

いきなりの着信でやっていたことを忘れてしまって、そのまま忘れ去って大問題になることもない。

ADHD気味の人にとって電話って結構厳しいんだよね。

ADHDの人はマルチタスクができないから、電話がかかってくると電話に全集中になっちゃう。

今は1日に多くて10回くらいかな。電話がかかってくるの。

100回かかってくる頃と比べるとストレスが段違い。ヤムチャとピッコロくらいには違う。

でも、1回もかかってこなくなる世界が理想。

どんな地平線が見えるんだろう。

多分見たことがない景色だろうな。

一応サラリーマンをやりながら、それでも電話が1日に1回もかかってこない。

そんな世界を目指しています。

関連コンテンツ
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です