【有料商材10個分の内容】ゆうこす共感SNSを読んだ感想

こんにちは。底辺サラリーマンです。

最近SNSを頑張ろうと思って、Twitterやインスタへの投稿を日々繰り返しています。

燃えるギャラガー

Twitter頑張るって何度目だよ

まあ、たしかに過去何度もTwitter頑張ろうっていう波は自分に打ち寄せてはきました。

燃えるギャラガー

そのたびに挫折してきたよな

でも、今回は本気です!

というわけで、ゆうこすの「共感SNS」という本を読んでみたので、感想を書いてみたいと思います。

燃えるギャラガー

ほお。本を買ったか。今回は少し本気のようだな

ゆうこすって誰?#共感SNS

燃えるギャラガー

とこで、「ゆうこす」って誰だ?

Twitterを頻繁にみたり、ネットニュースが主な情報源だったりする人にとっては、御承知おきの「ゆうこす」ですが、多分一般での認知度はかなり低いでしょう。

テレビにあんまり出てないですからね。

 

菅本裕子さん。これが通称ゆうこすの本名です。

燃えるギャラガー

菅本裕子がゆうこす。ガラッと印象がかわるもんだな。名前だけで

1994年生まれ、東京オリンピックが開催される2020年で26歳になる女性。

(オリンピックの聖火ランナーにも抜擢されています)

アイドルグループHKTの元メンバー、HKTを脱退後は料理研究家を経て、いわゆるインフルエンサーとして活躍をすることになります。

燃えるギャラガー

ウィキペディアに載っていることをお前なりにまとめた感じだな

個人的には、「狸顔で可愛い女性」という印象を持っています。

燃えるギャラガー

お前・・・。狸顔好きだもんな。

 

SNSを主戦場として、活躍し、日本有数のインフルエンサーであるゆうこすが書いたのが、今日ご紹介する共感SNSという本になります。

具体的な手法が盛りだくさん#共感SNS

SNSのこを学ぼうと思って、最初にポチろうと思ったのは、実はこの本ではありません。

ポチとうろしていた本のレビューに載っていたのが共感SNSです。

「この本より共感SNSの方が何倍も中身がある」と、そのレビューには書いてありました。

 

そんな流れでポチってしまい、正直あんまり期待せずに、読み始めます・・・。

・・・。

止まらない。

次から次へと「へえ」と「なるほどねえ」と納得できる話が出てきます。

で、いちいちわかりやすい。

具体的な手法が出ていて、「ちょっとやってみようかな」という実践の書になっているのです。

 

プロフィールの話だったり、名前の話だったり、本を読みながらちょいちょいと直してみたくなって、実際に直したりしてみました。

いくつか実践してみたので、もうこれだけで共感SNSを購入した元は取れたんじゃないかって思っています。

燃えるギャラガー

ビジネス書って、読んで終わりってのが大半だからな

ジャンプ的思考が響く#共感SNS

自分が共感SNSを読んで、むち打ちになるほどに首をグラングラン振って頷いたのが、随所にみられるジャンプ的な思想です。

目次に並ぶ数々の勇ましい言霊に震えます。

  • わかりやすい旗を振りかざす
  • 挑戦がないと飽きられる
  • SNSの失敗をプラスな注目に変える

燃えるギャラガー

胸が熱くなるな

たぶん、ゆうこす自身も、自分が作ったストーリーにのめりこんで楽しんでいるんじゃないでしょうか。

子どもの頃、自分が考えた漫画の主人公になって遊んでいたように。

燃えるギャラガー

そんなことやってる奴いるのか?

SNSをやってなくても今のビジネス書として参考になる

もう、この本はSNSをやっていて、それを少しでも伸ばしたいという人にとっては、何度も繰り返し読める究極の書物であります。

燃えるギャラガー

引くくらいに絶賛だな・・・。

ただ、SNSをやってなくても、ビジネスマンだったら参考になる本でもあります。

ターゲットの絞り方だとか、PDCAならぬDCPAだとか、マス広告が難しくなった多様化の時代に物を売ろうとしたり、サービスを浸透させようとしている人であれば、ヨダレが出てくる情報ばかりです。

さいごに

燃えるギャラガー

お前がこんなに絶賛しているの久しぶりにみたよ

実はこの本を買う前、いくつかぼくたちの失敗をしています。

Noteで有料商材を買っているのです!

燃えるギャラガー

Twitterでフォロワーを増やす方法とかにつられてつい・・・。

300円だったり980円だったり。

どれも「ほう」と、フクロウのように一鳴きできる内容ですが、それで終わり。

見返すことはありませんでした。

 

ぶっちゃけ、有料のNote20個読んでも書いてないような役立つ情報が共感SNSには書いています。

これから何度も何度も読んで、SNSや仕事に活かしていけそうな気がしています。

 

素晴らしい本でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です