仕事が早い人に仕事が集まる理由

f:id:kowalski22:20180308064606j:plain

 

 

20年に以上サラリーマンをやっていて、最近強く感じるのが、「仕事が早くできるようになるとどんどん仕事が集まってくる」ということです。

 

周りの仕事が早いと感じている人を見ていてもわかりますし、個人的には数年前に時短を心がけるようになったのですが、それまでは低空飛行していた営業成績が、その頃から営業成績がようやくまともになってきたという実感があります。

どうして仕事が早い人に仕事が集まりがちなのでしょうか。

 

 

仕事が早い人ほどミスをしない

仕事が早い人は、仕事が雑だという印象があるかもしれませんが、仕事の雑さの度合いやミスの発生頻度に関しては、仕事が早い人も遅い人もそれほど変わらないのが事実です。

いや、むしろ仕事が早い人の方がミスが少ないとさえ言えるでしょう。

 

 

仕事が早い人は、「仕事の型」が決まっています。型が決まっているから、早く仕事を片付けることができますし、型どおりにやるからこそミスも起こりにくいのでしょう。

逆に仕事が遅い人は、型が決まっていないため、毎回やり方が変わってしまいます。

だからこそ仕事が遅くて、ミスも起こりやすいのです。

 

仕事が早い人はミスが少ないため、仕事も集まりやすいのでしょう。

 

仕事が早い人と仕事をすると早く仕事が終わる

 

働き方改革の影響もあり、サラリーマンが使える時間はごく少ないものとなってきました。

昔ほど無尽蔵に夜も働くことができなくなってきています。

もしも一緒に働く人の仕事が遅いと、地獄です。

どんどん自分の時間がなくなっていきます。

 

例えば見積もりを依頼して、その見積もりをクライアントに送って1つのタスクが終了するケース。

仕事が遅い人が相手だと、見積もりの依頼に見積もりの回答が追いつかずに、どんどんタスクが溜まっていきます。

 

逆に仕事が早い人が相手、即座にレスポンスがあるようなパートナーであれば、どんどん見積もりを送ることができて、タスクが溜まるようなことはありません。

 

働く時間が制限される中、一緒に働く相手の仕事の早さは昔以上に重要な要素となりつつあります。

仕事は仕事の早い人に頼んだ方が良い

仕事を頼む際は、ミスが少なくて、自分の仕事も早く終わらせてくれる仕事の早い人と一緒に仕事をするのが良いでしょう。

時間がありそうな人に仕事を頼んでも、ペースが遅くて中々反応がないという事が多々あります。

 

仕事が早い人は常にキビキビしていますので、ちょっと頼みにくいこともあるかもしれません。

でも端的に、メールなどを駆使してお願いすることができれば、即座に対応をしてくれるでしょう。

仕事が早い人と仕事をすると、的確な仕事の仕方も学ぶことができるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です